2018.10.11

サイレントK引退

投手
プロ野球のペナントレースもあと数試合を残すだけで、順位は確定し、個人成績のタイトルもほぼ…。

不振だったチームの監督の交代もいくつか出てきていますし、ベテラン選手の引退もけっこう早い時期から話題になっています。
石井裕也
その引退する選手の中にはサイレントKと呼ばれている石井裕也投手の名前もあります。
左耳は全く聞こえず、かすかに聞こえる右耳に補聴器をしていますが、会話を聞き取るのは難しいそうです。
口形で話の内容を理解できる場合もあるようですが、分からないことも多かったと思います。
ドアラ
ピッチャーですので投球自体にはハンデはあまり無いとは思います。
特にランナーがいない場合には、投げるということだけであればそれほど問題ないでしょう。
マスコットキャラクター
ですが、ランナーがいる時の投球や、連係プレーになると聞こえないハンデは非常に大きいと思います。
声を出すことや声を聞いて判断することが重要だからです。
マスコットキャラクター
プロである以上、聞こえないから仕方ないでは…。
そんな世界の中で13年間も選手を続けて、ドラゴンズ、ベイスターズ、ファイターズと3球団を渡り歩きながら、300試合以上も登板してきたのは素晴らしいことです。
試合以外でも、チームメイトや監督・コーチとのコミュニケーションは、やっと慣れた頃に移籍するということが続いたのではないでしょうか。

石井投手のようになりたいと思っている難聴の子供たちはきっと大勢いるでしょう。

今後どのような道に進まれるのか私はまだ知りませんが、これからも陰ながら応援させていただきたいと思っています。