2019.03.29

気象庁緊急会見に手話通訳

地震の手話
気象庁は2019年3月25日、気象庁が行う緊急会見に手話通訳を付けると発表しました。

緊急会見は、震度5弱以上の地震や津波、火山の噴火、台風、大雨などが発生または予想された時に行われます。
津波の手話
当面は9時~18時の日中の会見時のみになりますが、6月くらいからは24時間体制で行えるよう、動いているようです。

現在、首相や官房長官の会見に手話通訳が付いているのですが、登壇時にチラッとテレビに映るだけです。
台風の手話
後でYouTubeなどで見ることは出来ますが、生で手話通訳者が映っているのを見たことがありません。
台風通訳は、付かないよりは付いたほうが良いのですが、「ちゃんと付けてます」という言い訳か、パフォーマンスにしか思えない状況です。(もちろん、手話通訳者が悪いわけではありません。)

気象庁の緊急会見では、生で通訳者が映らないと意味がありませんので、必ずそうなるように期待しています。